DENON DCD-755AE

 DCD-1500AEと比べると重心が高く解像度に劣る。そして、バランスがもう一つで、荒れ気味に聴こえる。ただ、エントリーモデルで滑らかさと艶を感じる雰囲気の音色が聴けるのは有り難い。エントリーモデルながらDENONの良さが体現されている。

DENON DCD-755AEを購入するならこちら

DENON DCD-755RE

 DCD-1500SEと比較すると解像度が大きく劣り、細かい音素や高域が埋もれて聴こえなくなる。DENONらしい押し出した中域が、解像度の低さからややもやっとするが、上位機種と比較しなければ、艶があり十分聴ける音色。エントリーモデルの定番としてのコストパフォーマンスに優れる。

DENON DCD-755REの最安値はこちら

DENON DCD-1500AE

 上位のDCD-1650AEと比べても、解像度と奥行き感に僅かな差があるとしか感じない。AEシリーズとしての同傾向の音作りが、違いを解り辛くしていたのかも知れない。音色はレンジが若干狭く、中低域重視。音と音の繋がりの滑らかさと個々の音の瞬発力を併せ持つ。SACDについてはおまけ扱いなので、その良さを感じるには今一つの所がある。コストパフォーマンスを一番感じる価格帯のCDP。

DENON DCD-1500AEを購入するならこちら

DENON DCD-1500SE

 以前所有していたDCD-1500AEの後継モデル。 ONKYO C-7070やMARANTZ SA8004に比べると、中域を重視した音作りの為、高域への抜けが悪く感じる。 温もりがあり、滑らかでしっとりとした艶のある音色だが、中域のどんよりとした雲掛かった感じに好き嫌いが分かれるかも知れない。 なお、上位のDCD-1650REも音色の傾向としては同様であるが、解像度が高い為、DCD-1500SEで感じるもやもやしたものが薄れる。下位モデルのDCD-755REとは、比較的違いが解かり難いCDプレーヤと云えども、差異は大きめ。

DENON DCD-1500SEの最安値はこちら

DENON DCD-1650AE

 解像度は、ONKYO C-1VL、DENON DCD-1650AE、MARANTZ SA-15S1の中で一番低い。低音を重視した音作りで、下が膨らむ。高域はエッジを抑えた柔らか味を帯びていて、繋がりが滑らか。ボーカルは前に出て、音楽のスケール感が他に比べると大きい。

DENON DCD-1650SEを購入するならこちら

DENON DCD-1650RE

 対抗のMARANTZ SA-15S2の高域の抜けの良さと比較すると、高域が出ていない訳では無いけれど、中低域に厚みがある分すっきりしない感がある。しかしながら逆にボーカル帯を前面に押し出した極めて艶っぽい温かみある濃厚な音色にDENONのDENONたる良さを感じ取れる。また下位のDCD-1500SEでは中域にフォーカスした音像がややもするともやっと感じられたが、解像度が上昇した分、肌理が細かくなり、シルクの様な滑らかさに快活さをプラスした様な印象に変わる。奥行き感も上昇しサウンドステージも拡がるDENON伝統のモデル。

DENON DCD-1650REの最安値はこちら

MARANTZ CD6002

 若干大味で、高域に艶が乗り華やかではあるが、きつめの印象がある。音色自体はやや硬質で聴き疲れしそうな所が感じられる。価格的なパフォーマンスの良さは感じられる機種。

MARANTZ CD6004の最安値はこちら

MARANTZ SA7001

 

 雑味成分(付帯音)が多く、音色が暴れ気味に聴こえる。マランツ得意の高音の艶を少々感じるが、上位機種に較べるとざっくりしていると言っても良いぐらい。音の輪郭は他社に較べて明瞭な方だが、奥行き感が薄く、低音の締りにも欠ける。高域に力を入れているのもあって、ちょっと聴き辛い印象がある。因みにSA8001から切り替えた時に、まずいと思ったのか店員が極端に音量を絞った。逆に言うとそれぐらい違う。POPS向きなチューン。

MARANTZ SA7001を購入するならこちら

MARANTZ SA7003

 上記機種のSA8003と比較すると、奥行き感と解像力に劣り、サウンドステージが極端に狭く感じられる。また、付帯音が多くざわつくので、クリアさと静寂感がいまひとつ。MARANTZの中では、しっとりというより元気の良さがあるモデル。

MARANTZ SA7003の最安値はこちら

MARANTZ SA8001

 SA7001に比べ付帯音が一気に薄れ、音色に纏まりが出て来てぐっと聴きやすくなる。また、奥行き感、抑揚感も楽に感じ取れる程のレベルに達する。SA7001で感じた薄っぺらさも減退。艶も程好く出てきてしっとり。音色自体はSA7001、SA8001、SA-15S1の中では一番細い気がする。SA7001との価格差を考えても、またCDプレーヤーと言う一番変化が解り難い機材というのを考慮しても多くの方がこの差は認識出来るように思う。クラシック向き。ヘッドホンアンプ部の特徴:繊細で高域が華やかであるが、芯が硬い。高域がきつめである為、聴き疲れしそう。解像力はそこそこあるし、決して悪くは無い。

MARANTZ SA8001を購入するならこちら

MARANTZ SA8003

 極めて良く出来たモデル。下位のSA7003と比較すると、サウンドステージの広さと附帯音の少なさで次元の違いを明確にする。また上位のSA-15S2に迫る性能を持つ。コストパフォーマンスに優れたお勧めの機種

MARANTZ SA8003を購入するならこちら

MARANTZ SA8004

 音色がブライトで高域が華やかな為、腰高な印象を受ける。 解像度が動価格帯の他機種より優れている印象で、低域から高域への抜けが良い。 繊細でいてかつ瑞々しい艶があり、音色の濃厚さは薄いけれど、この価格帯ではおすすめのモデル。

MARANTZ SA8004の最安値はこちら

MARANTZ SA-15S1

 滑らかで奥行き感、抑揚感ともに十分。SA8001の上を行く。高域のきつさが一番薄いように思う。SA7001、SA8001、SA-15S1の3機種の中で唯一、はっ!!とする瞬間に出会えた機種。但し、MARANTZ SA8001との価格差を考えると、無理して購入する程でもないと思う。セッティングで追い込んだり、他の変化の解り易い機材に、資金配分するのが良いかも。但し、ヘッドホン出力が優秀な様子で、この点は考慮次第。ヘッドホンアンプ部の特徴:繊細かつしなやかで、きつさを感じない比較的ニュートラルな音色。僅かに高域に煌く音色付けがある。解像力も十分にあり、価格的パフォーマンスの良さを併せ持つ。

MARANTZ SA-15S1を購入するならこちら

MARANTZ SA-15S2

 従来同様、高域重視の路線は変わらないが、低域を加味し僅かに中庸に寄った感じでトータルバランスが上昇。DENON DCD-1650AEと比べると音素が細かく輪郭が明確で、品位が高い。MARANTZ SA-15S2から見れば、DCD-1650AEはやや柔らめでべたっと拡がる様に感じられる。DAコンバーターとしても使用可能で、MARANTZ SA-13S1の流れを汲む付加価値の高いMARANTZの戦略機種。

MARANTZ SA-15S2の最安値はこちら

MARANTZ SA-13S1

 ヘッドホンアンプ部の特徴:SA-15S1の純正チューンだけあって、細かな音色も拾う解像力とSA-15S1では明らかでは無かった空気感の再現力がある。そして、抑揚感の表現が上手くなっている。なお、上記の差異にSA-15S1もう1台分以上の価値を見出すかには、個人差があるだろう。。

MARANTZ SA-13S2の最安値はこちら

ONKYO C-777

 同社C-1VLも聴いてみたが、A-977とA-1VLの違い同様、C-777の方が粗く表面にざらつきがある。またC-1VLは艶が十二分にあるのだが、その点がかなり薄れる。音色の重心もC-1VLが高い所にあるのに対し、C-777は低い。しかしながら、同価格帯のDENON DCD-1500AE等と比べても解像度は一段高く、若干硬質だが、癖の少ない比較的ニュートラルな音色を持つCDプレーヤーとして高評価できる。VLSCの持つ見通しは良いけれど、奥行き感に乏しく平坦な音色である特徴は上位のC-1VLと変わりない。ヘッドホンアンプ部の特徴:音色付けは少ないが、解像度良好で見通しが良く切れがありハイスピードでタイト。芯が残る若干の硬さがあり平坦なまま押し出してくる感じで、POPS、HIPHOPに向く。DCD-1500AEよりは好ましい。

ONKYO C-777を購入するならこちら

ONKYO C-1VL

 ONKYO C-777に比べるとぐんと解像度が増し、音場が広く奥行き間も良好。中高域は柔らかく、爽やか。音素が若干細かくなる。また、音色に艶があり、C-777の無機質な感じとは異なる上級機。価格差が小さい割りにあらゆる点で凌駕する。他メーカー同価格帯と比較しても、圧倒的なCD再生能力を持つ。常時、品切れの名機。

ONKYO C-1VLを購入するならこちら

ONKYO C-7070

 素直な音色で附帯音を抑えた透明感を生かした音作り。 少しだけ寒色で暗めの音色。 低域から高域にかけての抜けの悪さは感じないが、音素がややサウンドステージに中央に寄る。 解像度は価格なりで、過去に所有していた前世代のC-777やC-1VL同様の真面目だが素っ気無さを感じるONKYOらしい音色。

ONKYO C-7070の最安値はこちら

Pioneer PD-D6MK2

 附帯音が少なく、空間表現に優れ音の起伏や音色の余韻の再現性が高い。 音色は控えめながらしっとりとした艶が乗り、派手では無い程度に艶美。若干、音素の重みに欠けるが、その為陰気さが無く、明るく軽快に鳴らすのに向く。高域への着色が少なく、色付けが物足りないものの粒子が細かく、粉雪のような自然さがある。 また同価格帯の中では解像度が高く、トータルバランスに優れる。 ただ、筺体の安っぽさは否めず、他のメーカーの機器との統一感を得るのが難しい所があるのが勿体無い。

Pioneer PD-D6MK2を購入するならこちら

YAMAHA CD-S2000

 音色に極端な色付けを感じない為、全域を通じてクリアでソースの鮮度が上がる感がある。 また、解像度も十分あり音素の分離感良好で、クリアネスを生かした僅かに鉱質的な高域の麗しい輝きにヤマハビューティーへの想いを馳せる。 一聴すると音色付けが薄く感じられるものの、この作り込まれたナチュラル感を伴う綺麗な音色は、人を惹き付けるものを持っている。 バランス、アンバランス出力共に遜色無く高音質。 同価格帯のMARANTZ SA-15S2と聴き比べて欲しい評価の高いSACDプレーヤー。

YAMAHA CD-S2000の最安値はこちら

CEC CD3300R

 ウォーム感があり中域に厚みを感じる。音色の穏やかとまったりとした質感は、好みにはまれば高級機に通じる。一方で、解像力は同価格帯では低めで、低域は膨らみがち。 また、固体に若干のもろさがある。

CEC CD3800の最安値はこちら

ARCAM CD-73T

 解像力は同価格帯の国産には多分に劣るが、音楽そのものを快適に聴かせてくれる。ARCAMは幾つにも積み重なった音の層に、何とも言えない心地良さがある。

ARCAM CD-73Tを購入するならこちら

DENON DNP-720SE

  DENON初めてのネットワークオーディオプレーヤー。アナログ出力のみのレビューとなりますが、一言で言うとDENONらしくない音色です。 エントリーモデルのDENON PMA-390SEやDENON DCD-755SEから上位モデルに至るまで、音素に濃い目の色を塗るのがDENONの特徴だと感じていましたが、DENON DNP-720SEは、色が薄めでまたDENONのエントリー機が持つ良い意味でのメリハリ感が無い為、少々退屈で平坦な音色に聴こえます。そして、音素が粒立っていて同じボリュームで並んでいるというよりは、上から押し潰した様なエッジに滲みのあるフラットさなので、高域の抜けに物足りなさを感じるかもしれません。機能が豊富でかつ低価格なのは魅力的ですが、ピュアオーディオ機器としてのネットワークオーディオプレーヤーとして考えるならば、MARANTZ NA7004やpioneer N-50が一段上です。

DENON DNP-720SEの最安値はこちら

MARANTZ NA7004

  MARANTZのネットワークオーディオプレーヤー。こちらもアナログ出力のみのレビューとなりますが、DENON DNP-720SEとは異なり、MARANTZらしいメーカーの独自色を踏襲した音色で、ネットワークオーディオプレーヤーとしての本来の機能面も充実している為、コストパフォーマンスに優れる。MARANTZの同価格帯のCDプレーヤーと比較しても遜色ない音色で、僅かに高域のキラキラ感とエッジの鋭さが抑えられているくらい。 高い機能性と優れた音質の双方を融合した戦略的なモデル。

MARANTZ NA7004の最安値はこちら